お気に入りリストを見る

安心・安全への取り組み

印刷する

お気に入りリストに登録する

運輸安全マネジメント

 名鉄バスグループは、社長以下全社員が一丸となって、輸送の安全を確保するために、下記の基本方針のもと、取り組みを進めています。

 

輸送の安全に関する基本的な方針

 (1)安全輸送が名鉄バスグループの根幹であり、最優先します。

 

 (2)経営トップが率先して安全の声を聞き、安全輸送最優先の意識を徹底します。

 

 (3)安全輸送のためのPDCAサイクルを回し、安全輸送最優先の意識を徹底します。

 

 ※28年度の取り組みにつきましては、こちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

安全への取り組み

 

乗務員教育

 

階層別研修・課題別研修

お客さまに安心してご乗車いただくため、毎年策定する教育計画に基づき実践的かつ効果的な教育を行なうほか、外部の教育機関や施設も積極的に活用し、さらなる安全意識の向上、運転技術のレベルアップに取り組んでいます。

(実車を使用した乗務員教習)

(座学による乗務員教育)

外部研修写真「クレフィール湖東」での教習

(外部機関における実車研修)

(外部機関における座学研修)

 

高速バス担当乗務員研修

一般路線を経験した乗務員を対象とし、高速走行運転技術及び異常時対応等を学ぶことを目的としています。

 

添乗モニター制度

平成16年から導入しており、添乗モニターがバスに添乗し、安全面及び接客面について評価、採点しています。その評価を基に改善を繰り返すことで、さらなる安全向上と、お客さま目線での質の高い接客の実現を目視します。

 

 

ハード面での取組み

 

ドライブレコーダー

全国初となる7台の専用カメラを車両に設置し、走行時の映像を常時録画しています。映像は事故原因の分析に使用するほか、収集したデータを安全対策や安全教育にも活用しています。

 

デジタルタコグラフ

これまでのデジタルタコグラフの機能に加え、より詳細なデータを記録することができる新型デジタルタコグラフを全車両に設置しています。運転者ごとの運行記録を基にきめ細かい運転指導に活用するほか、燃費向上を目的とした経済運転管理も可能となっています。

 

運転注意力モニター

運転席の前方に設置した専用カメラにより、運転状況と車両前方を認識し、55km/h以上で走行している時に車線逸脱状況を常時確認します。注意力が低下した状態で車線を逸脱すると、モニターまたはブザーで乗務員に危険を知らせます。

 

車間距離警報装置

高速バス車両に設置した専用カメラにより前方車両との距離を常時測定し、一定距離になるとモニターとブザーで乗務員に危険を知らせます。

 

よびかけ君

一般路線バスに設置しているもので、周囲の自転車や歩行者に対して、やさしい音声によりバスの接近をお知らせします。

 

ディスチャージヘッドランプ

従来のハロゲンヘッドランプより明るく視認性の高いディスチャージヘッドライト化を進め、夜間運行におけるより一層の安全確保を図りました。

 

 

厳正な運行管理

 

アルコールチェック

乗務前後の点呼時に、燃料電池式アルコールチェッカーを用いた厳正なアルコール管理を行なっています。代理検知等の不正を防止するため、静脈認証装置による確実な本人特定と検知中の画像の記録を実施しています。

 

 

全乗務員への携帯アルコール検知器貸与

高精度センサーを搭載した携帯用アルコール検知器を全従業員に貸与しています。出勤時に各自で確認することにより、アルコールが残った状態での出勤を未然に防いでいます。

 

厳正な点呼業務の実施

静脈認証装置、高精度アルコールチェッカー、勤務管理システムを一体化した「新点呼システム」を導入し、点呼の厳正化と業務の効率化を図りました。また、点呼状況を一覧表示できる大型ディスプレイを点呼場に設置しています。

 

仮眠施設

乗務員が十分な休息を取れるように全営業所に仮眠施設を設けています。高速路線では、共同運行会社の協力のもと、運行路線のある全国各地に専用仮眠所を確保し、長距離高速バスの安全運行に備えています。

 

健康管理

安全運行には乗務員の健康管理が必要不可欠です。当社では、年2回の定期健診のほか、保健師が営業所を巡回し、体調面やメンタルヘルスの相談を受けています。

 

社長から家族への手紙

毎年9月に全従業員の家族宛に社長名で直接、飲酒運転撲滅への協力を求める手紙を郵送しています。