お気に入りリストを見る

相互利用

印刷する

お気に入りリストに登録する

  平成25年3月23日(土)から「全国の交通系ICカード乗車券」(以下「交通系ICカード」と言います。)の相互利用サービスを開始します。

 ・1枚のmanacaもしくはその他交通系ICカードで、エリア内の鉄道・バスが利用することができます。

 ・加盟店においては、電子マネー※によるショッピングをすることができます。 (※「PiTaPa」を除く)

 

 

相互利用サービス(交通利用)

manacaを含む交通系ICカードを、お互いのエリアで利用できます。

  • バス乗車時の運賃支払い
  • 電車(自動改札機)への入出場
  • バス車載機(運賃箱)によるチャージおよび残額確認
  • 自動券売機などでのチャージおよび乗車券などの購入※
  • 自動券売機および窓口発行機などでのカードの履歴の表示・印字※

※一部の機器では、お取り扱いをいたしません。

※当社のICカード窓口発行機は、相互利用サービス対応しておりません。

ご注意ください

manacaをmanaca以外の各エリアでご利用になる場合

  • manaca以外の各エリアの窓口では、manacaの発売や払い戻しはいたしません。また、紛失時や障害時の再発行登録および再発行のお取扱いもいたしません。
  • manacaをmanaca以外の各エリアで利用しても「manacaマイレージポイント」は付与されません。また、乗継割引も適用されません。
  • 各エリアでのmanacaのご利用に関しては、各エリアの約款等によります。

manaca以外の交通系ICカードをmanacaエリアでご利用になる場合

  • manaca取扱事業者の窓口では、manaca以外の交通系ICカードの発売や払い戻しはいたしません。また、紛失時や障害時の再発行登録および再発行のお取扱いもいたしません。
  • manaca以外の交通系ICカードにmanacaバス事業者(名鉄バスなど)の定期券を載せることは出来ません。また、manaca取扱事業者の窓口では各エリアの定期券を載せることは出来ません。
  • manaca以外の交通系ICカードをmanacaエリアで利用しても、「manacaマイレージポイント」は付与されません。また、乗継割引も適用されません。
  • manacaエリアでの交通系ICカードのご利用に関しては、各manaca事業者の約款等によります。

※TOICAについては、manaca鉄道事業者とJR東海の連絡定期券をお互いのICカードに載せることができます。詳しくは、お求めの各事業者におたずねください。

※名鉄バス定期券をTOICAに載せることはできません。また、JR東海との連絡定期券は発売いたしておりません。ただし、名鉄電車(名古屋鉄道)とJR東海との連絡定期券、または地下鉄(名古屋市交通局)とJR東海との連絡定期券のいずれかと名鉄バス定期券を1枚のmanacaにまとめることはできます。 

※当社では、バス車内以外でのmanaca以外の交通系ICカードのお取り扱いはいたしておりません。

相互利用エリア

全国

※詳しくは、各エリアのホームページをご覧ください。

 

 

 

manacaエリア

平成28年3月14日現在

<manaca鉄道事業者>

  • 名古屋鉄道(名鉄電車):全線(蒲郡線・三河鳥羽~蒲郡間及び広見線・明智~御嵩間を除く)
  • 豊橋鉄道(豊鉄):全線(渥美線・市内線)
  • 愛知高速交通(リニモ):全線
  • 名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄):全線
  • 名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線):全線

<manacaバス事業者>

  • 名鉄バス(株):一般路線バス全線、空港バス全線、近距離高速バス全線(名古屋・多治見線および名古屋-関・美濃線は当社便のみ)、名古屋・長島線(当社便のみ)※イベントバスや貸切バス等ではご利用いただけません。
  • 名古屋市交通局(市バス):全線
  • 名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン):全線

※詳しくは、各事業者へお問い合わせいただくか、manaca公式HP をご覧ください。

 

TOICAエリア

  • JR東海

※詳しくは、JR東海HP  をご覧ください。