INTERVIEW

運転士 岩附 摩利子 いわつき まりこ

2009年入社

PROFILE

愛知県出身。飲食店でのパートから貸切バスの運転士を経て、2009年に入社。
入社以来無事故で、社内での無事故表彰も受賞。
女性ドライバーとしてきめ細やかな接客で業務に励んでいる。

パートから突然大型免許を取得

運転士になるきっかけは、ひょんなことからです。十数年ほど前、うどん屋さんのパートで働いていたのですが、その会社がバス会社を起こすことになって、大型二種免許を取得しました。初めて高速道路を運転したのはバスで、地図もちゃんと見られなかったのですが、貸切バスを運転して、全国あちこちに行けるようにまでなりました。
早朝や夜遅いシフトで娘たちの寝顔しか見られないことも多く、悩んでほかの仕事を探そうとした時、娘が「辞めないで。私たちは大丈夫だから」と言ってくれ、留まることができました。

快適で働きやすい女性専用の設備

女性が運転士の仕事を続けるのは、結婚や出産、そして家庭との両立に男性以上に壁があります。それでも少しずつ女性運転士は増えており、専用の施設も整備され、快適で休憩もゆっくり取れます。
お客さまからも社内でも女性は目立ち、男社会ではありますが、仕事の評価に性差はありません。職場でも仕事でも、柔軟性を持ってコミュニケーションを取ることが大切だと実感しています。つらいことがあっても、ハンドルを握るとスイッチが入ります。仕事は、自分で乗り越えないといけないこともたくさんありますが、こうして続けられたのは、周りの仲間や上司に恵まれたおかげです。

自分らしい言葉でお客さまに対応

朝のお客さまは、皆さん時間に焦っています。もちろんマニュアルはありますが、「遅れてすみません。お気をつけて」とか「行ってらっしゃい」とか声を掛けます。たまに高校生が「行ってきます」なんて言ってくれると、うれしいものです。初めはマイクを通して話すことに慣れず、決められた言葉さえ出ませんでしたが、長い年月をかけて、臨機応変に自分らしく出来上がった気がします。
休み明けの出勤は緊張しますが、そのほど良い緊張感が大切だと思っています。